スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォントの作り方の一例 

今日もフォントをダウンロードしてきてしまった!


「インストネームはKYA」にそろそろ改装をかけようと思い

その素材となるビットマップフォント制作に着手する

チバラキは自分では気に入っているのだが、

案外読みにくいのだ・・・・・

2書体ばかり考える。ネット上には流さないかも知れない

ビットマップなんて誰がどう作っても、似てくるし。


俺の場合、「先に法則がある」フォントの場合の作り方は、

まず1mmの方眼紙を用意して、そこに下書きする。

で、イラストレーターやファイヤーワークスあたりで

グリッドを表示して○ツールや□ツールなどで描画する。


しかし、ビットマップフォントは、

方眼紙の専有面積が小さくていいわ。


それとは関係なく、ついフォントをダウンロードしてしまう

やっぱり俺はフォント馬鹿


本日のダウンロード書体数  たぶん28組


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kyakirun.blog45.fc2.com/tb.php/62-55af7b39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。